CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< TNRの子 大吉 保護治療中 | main | TNRしました ドリ、グラ >>
また犠牲に・・・

1月21日の夕方
昨年12月にリリース後全く姿を見せなくなった
バブルスがうちの庭でか細い声で鳴いていた。
以前は大きな体で目は鋭く全く近寄らず、声も出さなかった
バブルスが弱々しくうずくまっているのを見て絶句した。
前脚がない。
先端は腐り骨が剥き出しになって引きずっている。
また罠か。
すぐに捕獲器を設置し保護。
体はガリガリに痩せて、体中ちぎれた前足から出ている膿が付着
して炎症を起こし異臭が酷い。
病院へ連絡。
事情を説明しただけで断脚の手術となり翌日手術となる。

肩からの断脚となる




バブルスは衰弱し、先月去勢手術した時よりも
2キロも体重が落ちていた。


以前の勇敢な姿はなくすっかり弱った様子。
とりあえず抜糸する2週間後までは保護し
それまでにできる限りの事をします。
残った1本の前脚もぐにゃっとしていてもしかしたら
異常があるかもしれない。
もし異常が見つかれば先生から安楽死を告げられた。
普段、安楽死の言葉を出さない先生なので
事の重大さに怯んでしまった。

トラバサミ(罠)を無許可で設置するのは違法です。
もうこれ以上犠牲を出さないで欲しい。
バブルスは私にこの姿を見せに来たんだと思う。
戻って来てくれて良かった。

1ヶ月余りの間に
人間の故意による骨折断脚が立て続けに起こり
試練を与えられてる日々です。
いつも弱い立場の者が犠牲になる度に憤りを感じます。

術後のバブルスを車に乗せている時に
昨年にゃんこちゃんを亡くしたN本さんに会い
バブルスに、にゃんこちゃんが食べれなかった餌を
にゃんこの代わりに食べて欲しいと頂きました。

早速3パックを平らげたバブルスは相当お腹が空いている様子。
先月断脚した息吹ちゃんも凄い食欲だった。
バブルス、残った前脚が問題ない事を願うばかりです。

 
| ボランティア活動 | 22:17 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://nekonote.eureka-akerue.com/trackback/720
トラックバック