CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 写真だけ・・ | main | なっちゃんから「みーこ」ちゃんになりました >>
我が家のうさぎ達
 約3年前、市内の公園からうさぎ2羽を譲り受けた
人が、飼っているうちに子供が産まれ計8羽になり
世話が大変だからという身勝手な理由で
山へ遺棄しようとしていたのを
私達が引き取りました。


今までうさぎは飼った事なく、いきなり8羽引き受けたものの
どうして良いか分からず色々調べたり試行錯誤しました。
そのせいで初めはこの子達に不適切だった扱い(飼い方)
をした事は今でも申し訳なく思っています。

8羽のうち5羽♂ 3羽♀
友人に相談し
空いているウサギ舎があった市内の保育園と
相談し♂2羽が里親に行きました。
後日園児達がつけてくれた名前
「ソラ」と「クモ」と
うさぎと園児が写った写真をプレゼントしてくれました。
今でもたまに見に行ってますが
元気に育ててもらっています。




 
 

うちで暮らす事になった6羽のうさぎ一家

 小屋には表札をつけました。

父 雪夫
母 秋子
子 くるみ
  ベジ
  フィグ
  ベリー

うちに来た時からベリーとフィグが足の関節が悪く
ベリーはずっと足を引きずって生活していました。

狭い小屋で赤ちゃんの時に踏まれていたのかベリーの足は
曲がったままでした。

毎日の食事はあらいパパが持ってきてくれました。



  庭で日向ぼっこ
          何羽いるかな?


3年の間にくるみと雪夫とベリーが天国へ旅立ちました。



  雪夫と秋子 右下 フィグ


 
  
 運動場で穴掘りしている雪夫父さん
 鼻に付いた土が働き者だった雪夫を思い出します。



   穴から出た土は綺麗に均します
教えたわけでもないのに穴を掘り穴から出た土を邪魔にならないよう
避けていきます。
穴うさぎの本能でしょうが穴掘りは春に活発になります。
子育ての準備なのでしょうね。
ちなみにうちの子達は去勢手術しているので子は産まれないのですが
頑張っています。
ある時は隣の家の庭まで地下道を掘っていたので事故予防のため
ある程度長くなると夫が穴を壊します。
納得いく地下空間になると今度は枯れ草や落ち葉を穴の中へ運び始めます。
自分の毛もむしりとり、赤ちゃんを産むベッドを作り始めます。
本能から子孫を残す動物には自然な行為ですが
動物に教わる事を感じます。



奥左 ベジ  雪夫父さんのあくび  秋子母さん 手前 フィグ


子供達にも大人気の雪夫父さんでした。


5羽いた頃 運動場にて

現在は秋子とフィグとベジの親子3羽で暮らしています。

 
 
    
   
  
| うさぎのこと | 08:56 | - | trackbacks(0) | pookmark |
この記事のトラックバックURL
http://nekonote.eureka-akerue.com/trackback/3
トラックバック