CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ノア君 元気です

 

昨年、新居浜駅前で保護したノア君

 

 

ノア君の事はこちら   

 

 

Mさんのお家の子になって約1年

 

 

同居人のまるちゃんも元気です。

まるちゃんも新居浜出身、

心無い人が妊娠しているまるちゃんを保健所へ送り

愛護センターで殺処分する機械に入れられていたのを

引き出された幸運なまるちゃんです。

 

 

2頭共元気に暮らしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ねこのてファミリー | 17:10 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ももちゃん 正式譲渡になり訪問

4月22日

正式譲渡のお返事を頂いたももちゃん宅へTさんと訪問

車を降りると早速窓越しにももちゃん

 

新しいお家と家族にすっかり慣れたようで

とてもリラックスしていました。

 

昨年夏に保護してから本当に色々あったももちゃん、

Tさんもももちゃんの幸せを諦めず

ついにずっと暮らせるお家と家族が出来てゴールとなりました。

 

エイズキャリアというだけでこんなにもハンディを負う事を

改めて痛感、Tさんにとっても色々辛い事もあったと思います。

 

エイズキャリアで注意したいのが口内炎。

うちも4頭の口内炎持ちがいて

餌も思うように食べれなかったり

何より可哀想なのは

猫がリラックスするためにする大好きな

毛繕いもできなくなり、

大きなあくびも痛くて出来ない姿は見ていて可哀想です。

 

猫も寿命が延びて高齢化しているので

これからはエイズキャリアでなくても

口腔ケアは長生きの秘訣になると思います。

 

うちではこの2つで4頭にケアしています。

乳酸菌と善玉菌を使ったケアで

猫の口に入れるだけです。

 

乳酸菌はチャコママから教えてもらった物で

善玉菌は病院の先生の勧めで購入

どちらも2千円から3千円位。

日頃から口を触らすようにしておくのが良いです。

 

ももちゃんは家族みんなに愛され大切に育ててもらい

お父さん手作りのキャットタワーも制作中でした。

 

 

Tさんと私にお土産まで頂きました。

 

その後Tさんと食事しながらももちゃんの今日までの道のりを

振り返り話しました。

Tさんはボラ仲間ですが本当によく頑張ったと思います。

何度か泣いた事も聞きました。

Tさんが辛かった気持ちはわかってたから今日という日が来た事が

事が本当に嬉しく思いました。

そんなTさんから猫の缶詰を沢山差し入れ頂きました。

 

ももちゃん幸せ掴みました。

 

 

 

 

 

| ねこのてファミリー | 17:21 | - | trackbacks(0) | pookmark |
まるちゃんからサン太へ 正式譲渡になりました

 

昨年12月11日夜7時過ぎ

この日は寒波でみぞれが降ってる中

2年前より捕獲に何度も失敗していたメスの捕獲を再開した日で

捕獲器設置を遊歩道でしている最中に

何か足元にまとわりつく物に気づくと黒猫。

こんな寒い中、氷のようなアスファルトに佇み

捕獲器に入れる缶詰とカツオ節をねだって私から離れない。

そうこうしていると、本命のメス(あけみ)がやって来て

異変に気づき、足早に去って行きこの日は捕獲失敗。

 

やれやれ、この黒ちゃん、若いオスだけど

餌やりさんに聞くと夏頃からこの遊歩道に居ついた

捨て猫らしい。

とにかく他の猫を捕獲するにも私に懐いてまとわりついて

離れないので一旦私の車に入れる。

となれば、もうTNRか里親さがし。

 

で保護したのがまるでした。

 

12月15日に手術。

血液検査も異常なし。

まだ生後数ヶ月の子猫でした。

 

それから里親探しを始めました。

顔が丸いからまるちゃん。

性格はタフでポジティブ、運動能力も抜群。

だからあんな場所で数ヶ月も生きてたのだと思う。

 

何度か声もかかり、1度はトライアルも行ったものの

ずっとのお家は

なんと、まるを預かりボラして下さってたキュピちゃん家族宅に。

 

お父さんに見初められ

12月24日に行ったからサン太になりました。

気に入られた理由は

お父さんの激しい愛情に応えられる適応力があったから(笑)

人間の赤ちゃんのように

「たか〜い、たか〜い」もできる子だったから。

 

の、はずだったのに・・・

 

サン太の甘えっぷりは最初だけだったようで

ここが安心できる場所だとわかったのか

日に日にそっけなくなり、今では普通の子になりお父さん的には

「あの最初の甘えっぷりはなんだったの?」

のような、ちょっと騙されたような

サン太の作戦にやられた感が否めない感じ。

サン太なりに、ここの子にして欲しくて甘えてたのかも。

 

そんなサン太ですが

今でもお父さんと仲良く過ごしています。

 

先住キュピとも月齢も同じ位で

兄弟のように仲良くしています。

 

仲良し兄弟のようです。

 

 

サン太 幸せに暮らしています。

 

 

| ねこのてファミリー | 10:39 | - | trackbacks(0) | pookmark |
てんちゃん、おんちゃんになりました。

 

昨年うちの近所で保護した3兄妹

 

当時の様子はこちら

 

すくすく育ち

 

縁あって鬼北町在住T田さん宅へ

兄妹で行ける事になりました。

 

10月15日からトライアル

 

 

兄妹がずっと一緒にいられるのは本当に嬉しい。

 

 

鬼北町は遠かった。

鬼北町の位置をなんとなくしか知らずに出発して

まさか宇和島より遠いとは行って驚いた。

 

大きくなりました。

 

12月16日 再訪問

相変わらず兄妹仲良く暮らしていました。

 

 てんちゃん       おんちゃん

 

正式譲渡になり幸せに暮らしています。

 

 

| ねこのてファミリー | 07:24 | - | trackbacks(0) | pookmark |
うめちゃん 大きくなってます

 

昨年Kさん家の子になった

うめちゃん

 

大きくなりました。

お転婆になっているそうです。

 

不妊手術も終わり

幸せに暮らしています。

 

 

| ねこのてファミリー | 03:02 | - | trackbacks(0) | pookmark |
にゃーちゃん

 

 

にゃーちゃん

 

 

幸せに暮らしてます。

 

 

| ねこのてファミリー | 23:54 | - | trackbacks(0) | pookmark |
あんずちゃんからにゃーちゃんへ 正式譲渡になりました。

 

あんずちゃん

正式譲渡となり、1月7日に訪問しました。

名前はにゃーちゃんになりました。

 

あんずちゃんはTNRでリリース予定の子でした。

昨年集団保護したすももちゃん達姉妹のいた現場です。

この現場はボラ仲間のF川さんという男性が管理してくれていたのですが

F川さん体調が悪く昨年春頃から入退院を繰り返し、

入院中も病院を抜け出して餌やりへ通っている姿を知っていて

今後F川さんがいつまで餌やりを続けられるかわからない。

F川さんを頼りに生きている多数の猫の事も

ずっと以前から気になり出来れば1頭でもリリースしないで

現場の猫を減らしたく考えていました。

F川さんは1人で全ての猫は数年前に不妊手術済み。

新たに来る猫だけを手術したり、子猫は私が引き取ったりして

いました。

 

人馴れしているのであんずは私が引き取り里親探しを決めました。

この時もF川さんは入院しており、病院にいました。

11月29日に捕獲。

翌日手術。

12月10日より大ちゃん宅の保護部屋へ。

12月24日より松山市のF田さん宅へトライアル。

 

譲渡会で沢山の猫がいるのに、

一瞬見ただけでF田さんは、にゃーちゃんを選んでくれました。

F田さんは譲渡条件の年齢制限を超えているのを自身でも

承知の上で、娘さんを保証人として一緒に来ていました。

高齢者が飼えなくなり、行き場のない動物が

現在多くて問題になっているのもあり、

私も譲渡条件として高齢の方には申し訳ないけど

ほとんどお断りしてきた中で

F田さんのお人柄、動物への認識、自分の今後をきちんと

理解した上で希望している事をお聞きして、

私の今までの譲渡経験上、とても良いご縁だと感じました。

 

譲渡に至るまでは、書面上の譲渡条件が揃っていても

譲渡できないケースも多くあります。

命の譲渡ですから、いろんなリスクも含めて考え

「自分より幸せにしてくれる」と確信できなければ

譲渡できません。

F田さんとは言葉交わさなくても何か通じ合うものが

ありました。

 

お届けした時にも、ホットカーペットの上に更に

猫用の電気マットを敷いて、過保護すぎる扱いで

準備してくれていました。

 

愛情たっぷり手作りキャットタワーです。

 

譲渡後1ヶ月か経った頃に報告くださり

だんだんとお転婆になってきているそうです。

 

F田さんはにゃーちゃんがいるので

最近は買い物も1時間以内に済ませて

1日中一緒にいるそうです。

 

もの言わぬ動物達は

誰と出会うかによって運命や命までも

左右されてしまいます。

 

本当ならまた国道沿いの廃墟で極寒の中

野良猫で短命で一生が終わるはずだったにゃーちゃんが

温かな家族が出来て

暖かいおうちで幸せに暮らしています。

 

 

 

 

| ねこのてファミリー | 15:30 | - | trackbacks(0) | pookmark |
おすしファミリーより届きました

 

      リク&イクラ・・・かな?

 

 

毛長族達幸せに過ごしています。

 

 

報告遅くなりましたが、クリスマスに

保護猫、TNRの猫達に沢山のプレゼントが

おすしファミリーより届きました。

 

子猫用ウエットフードも

ミルクと離乳食は昨年の子猫ラッシュの時

追加で送って下さりました。

 

いつもありがとうございます。

 

 

小さい子のお相手も出来るのよ!

 

 

 

リク&ちらし&いくら

 

幸せに過ごしています。

 

 

| ねこのてファミリー | 13:59 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ピーちゃんからきゅぴちゃんへ 正式譲渡になりました。

 

昨年6月22日保健所から来たピーちゃん

7月23日から大ちゃん家へ預かりボランティアで行き

そのまま大ちゃん家の子になりました。

 

名前はピーちゃんからきゅぴちゃんになりました。

 

ピーちゃんがうちへ来た頃は梅雨時期で蒸し暑く

ピーちゃんは2度低血糖で時間外に病院へ走りました。

真菌にもなり、全身はげて、軟膏、クリーム、シャンプー、投薬

真菌の大変さを痛感しました。

 

そんなきゅぴちゃん

ストレスない環境でスクスク育ち子猫とは思えない体形に。

 

 

みんなともすぐに仲良くなりました。

 

生後3ヶ月位からは

本当に子猫?みたいになり

去勢手術の時期には3キロ超えてました。

 

そんなきゅぴちゃん幸せに暮らしています。

 

 

| ねこのてファミリー | 00:34 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ゆず改めルーちゃん 無事保護しました。

 

7日日曜日に脱走し

8日月曜日には大ちゃんママがチラシ作成して下さり

現場付近に全て配り、ゴミ置き場など人が集まる

掲示できるところに貼りました。

この日は雨。

雨は猫が移動するのを控えるから1日稼げたと思い

ちょっとラッキー。

周辺の猫が隠れそうな場所を探し、怪しい場所を何箇所か

リストアップした。

ルーちゃんの家の周りはルーちゃんのオシッコの付いたトイレの

粒を撒き、捕獲器3台を敷地内に設置。

入る、入る、毎日違う野良猫が次々に入る。

普段野良猫など見たことない、という里親さんも驚く。

耳カットされた子まで入ってた。

 

まだ2日目。そんなに遠くは行ってないはず。

捜索は初動が命。

日が経つ程に見つかる確率が下がる。

2日目は一先ず終了。

この日、体調悪く金ちゃんママが松山まで送迎してくれました。

3日目、軒下にいるのを発見。

まず、慌てたらまた逃げるので見ないふりして監視だけしてもらい、

軒下をワイヤーネットとブロックで全て埋めて出入り出来なくする。

軒下に捕獲器が入らない高さだったので捕獲器の隙間だけ開けて

捕獲器設置し、捕獲器と壁の隙間を網で覆う。

そして捕獲器で無事保護。

 

ルーちゃん

 

昨年12月16日からトライアル中だったゆずちゃん

 

ようやく馴れた頃に起きた大事件。

窓が開いていて出た様子。

これを機に家族で脱走防止を改めて話し合いました。

成猫を迎えてくれるのはとても嬉しいですが

一つだけリスクがあるのが脱走です。

 

 

ルーちゃんの捜索には大ちゃんママ、猫ボランティアの方達

とっさに捕獲器を貸してくれたKさん、

金ちゃんママなど多くの協力がありました。

 

私がメールで簡単に伝えただけで

とっさに完璧なチラシを作成できる大ちゃんママに感服です。

 

昨日再度訪問し、改めて今後を話し合い、

Nさんに今後も家族としてルーちゃんをお願いする事となりました。

 

脱走は里親さん、保護主、猫、みんなが傷つき悲しむ事になります。

日頃から意識して気をつけて下さいね。

 

皆様ありがとうございました。

 

ルーちゃん無事保護されNさん宅で過ごしています。

 

 

 

| ねこのてファミリー | 10:11 | - | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/25PAGES | >>